知っ得(HACCP)|アルミ製ステンレス304製の三角台車丸型容器用台車小型台車の専門メーカーエムあいです。

株式会社エム・あい
小型台車の専門メーカー エム・あい

知っ得

HACCPとは
食品を扱う業務に携わると、衛生管理は必須科目になると思います。
きっと、国の機関からの研修会や自治体の研修会などで一度は耳にしたことがあるHACCPについて、
お話したいと思います。

そもそも、HACCPと書いて、なんて読むんや?
・・・「ハセップ」です。
私、初めて見た時、ハクップ?と読みました(汗)

衛生に関する英単語の略語なので、ご紹介させて頂きますと、
Hazard:危害
Analysis:分析
Critical:重要
Contaol:管理
Point:点
の頭文字をとって、HACCPとなったようです。

で、何がいいたいねん?
危害分析(HA)、重要管理点(CCP)のことで、NASAが宇宙飛行士の食事の安全を確保するために
考え出した食品総合衛生管理手法とのことで(詳しくはこちら)、この概念が、食品を扱う業界では、
衛生管理の概念の一部に位置付けられています。

当社、小型台車屋なので、台車目線でお話させていただくと、
作業場における食品及び移動性の器具は、床下に落ちた水の跳ね返りを避けるため、床面から高さ30cm以上の場所に置くこと。床面から高さ60cm以上の場所に置くことが望ましい。」と食品産業センターの指導文に書かれています。(エビデンス:)

確かに、容器を床に置くことは、水の跳ね返りによって異物混入のリスクが考えられますし、重たい容器の移動だって積もれば、作業員の方の身体的負担を与えると思います。
容器を使用する食品工場、研究所、工場、厨房等さまざまな場所を想定して、みなさまが安心して業務に取り組むことが出来るHACCP対応の台車を製造しております。
床下から30cm、60cmをクリアする小型台車で、衛生環境にはもっとも適した素材であるステンレス304製や軽量を考慮したアルミ製にて製造しております。
皆様の業務効率化に更に拍車をかける製品づくりを心がけております。
製品に対するお問合せ・ご注文はこちら!

PageTop