台車業界のプロ、エム・あいのブログ | アルミ製ステンレス304製の三角台車丸型容器用台車小型台車の専門メーカーエムあいです。

株式会社エム・あい
小型台車の専門メーカー エム・あい
ブログ
2018年12月26日 [新着情報]

今年もお世話になり、ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。

いよいよ2018年の瀬も押し迫ってまいりました。
行く年くる年…
皆さまにおかれまして、どのような年、一年だったのでしょうかぁ。
こちらも例年より外すことなく、行く年、この一年を振り返れば涙と笑いあり、禍福は糾える縄の如く、世は塞翁が馬かと...そう思いつつ来る新たな年は、どのような一年にしたいのかと…。御多分に洩れず気を改められるから新年の訪れは無邪気に嬉しいもんです。

若かったころ、「若かったら、あれこれやりたいことはいっぱいあるんだけどなぁ…」と,聞き手として数多く聞いてきたが、この歳になって話し手になってみれば、意外と理屈っぽいんだね、このセリフ...。若くなくったって、やる気さえあれば新機軸を出し今だからできることをやってみよう。
新しいことにかかってみるのも良し、何かと新しいものや形のあるものだけに捉われず、形のないものや、今年にできなかったことなどを繰り越すのも良しとして意識を衰えさせずに頑張ってみるんだなぁ。

新たな年には、年号が変わる節目…消費税もアップ、オリンピックや万博を前にしてインバウンドマーケティングもありで気を引き締め取り組んでいかねばならない、でなくても目まぐるしく変わる時であるのに、これから先行き今という一瞬一瞬をどう生きるか、歳を重ねていく今を、これからをどう生きるかを論じ、若者と張り合うことではなく支えるためにできること、次の世代へつなげるためにできることの愉しみを発見、やりたくてもできなかったと呟かずにまだ間に合うことにめぐり逢い、おまけに第三、第四の思春期をも語るのはなおいい気がする。

そう言うこちらの抱負としては、自己顕示欲を強く出さず、重ねた年輪だけで高飛車にならず、年寄りや老人と呼ばず呼ばれずに目上の方と称する称されるよう、言動に注意を計らい、引き際を知るものでありたいと…オイラが自分で言うのは何なんだが格好良すぎるがせめて格好悪くならないようにしてみる(笑)

記憶を辿れば、我々も今の時の若者はと叱られた時はあった。その青い時を思い出し若者らとの融合、生きてこれた時間だけの経験値で諭すことも恐れず、円滑な交流を抱負にして、社会人の一人として企業の伝承が途切れることなく社会が安定、国民の一人として国が繁栄できることが真の望みであろう。

重ねた歳と年輪を無駄にせず、ここぞと、ここで真骨頂を発揮できるよう、さあ、何かと社会のためになること、できることを一歩進もう、自分の人生の絵は自分しか描けないのだから納得できる絵が描けるように...

今年も皆さまに大変お世話になり、ありがとうございました。新たに訪れる一年が皆さまにとりましてご健康で多幸感を得られる年でありますことを心よりお祈り申しあげます。

2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
お世話になり、ありがとうございました。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
製品に対するお問合せ・ご注文はこちら!

PageTop