台車業界のプロ、エム・あいのブログ | アルミ製ステンレス304製の三角台車丸型容器用台車小型台車の専門メーカーエムあいです。

株式会社エム・あい
小型台車の専門メーカー エム・あい
ブログ
2018年03月07日 [日記]

忘れっぽくなっても忘れてはならないもの…

最近ではないが最近、IT並みにドンドンと進化して…忘れ物、ことが多くなってきた。

人の名前が浮かばない、思い出せない、駅名が出ない、ほら、あれよあれよ…と。気を遣って頂いて優しく、あれって、何?と、聞き返されても出てこないものは出てこない。

この最近のため、めんどくさがり症であるが否応なしにマメにメモをするようにした。携帯電話に、カレンダーに、手帳に、済ませたら破って捨てられるメモ帳にと…
これで安心だと思っていたが、いざとすると、分別したはずなのにどこに書いたか…、これまた探しだす。どこ?どこ?

まあまあ…では、通れなくなっている最近の自分…忘れ物をすることとは老いたのではなく、年を重ねたという考え方に変え、受け入れたら、忘れ物、忘れることがあってもいいじゃないか、これでいいのだと思えるようになった。

久しぶりの知人に会い、最近どう?昔は仕事が忙しくてね…決まり文句だったのが、今は決まって忘れっぽくなったと。
友人らにあえば、誰一人外れることなく揃って言う合い言葉のような決まりセリフ、「忘れっぽくなった」。

兄弟に「最近忘れっぽくなったね」と言われる前に、先に言うと…あなたは昔からよと、今更じゃないと…え?長らく大変失礼いたしました。
あれもこれも、ものも、ことも忘れっぽくなる…これはこれで構わないのだが、年を重ねるにつれて絶対忘れてはならないのがある、「義」である。
人として守るべき「義」だけは忘れてはいけない。

聖人の教えに…「年をとると、目がくらくなるが、まだ良く見ることはできる。
耳も遠くなるが、それでも良く聞き取ることはできる」と。
衰えを衰えとしてとらえずに、まだ見えて、まだ少しでも聞こえるなら聖人の教えを学び続けることのほかないというのが、老いることの本当お意味であろうと思うんだね、オイラは。
このエントリーをはてなブックマークに追加

製品に対するお問合せ・ご注文はこちら!

PageTop